MENU

石に関して

石に関して
日本三大花崗岩、庵治石

今日は日差しが和らいでますね。

コーラが美味しい時期になりました。

あっ、くしゃみが・・・へっ、へっ

ペップシッッッッ!

こんにちわ、井福です。

今日は久々に石の紹介をしますニコニコ

本日ご紹介の石はこちら!日本の銘石びっくり


当社の見本墓石、庵治石!(あじいし)
見てください、この艶!

その名のとおり、香川県高松市庵治町で産出されてるお石でございますおねがい

でも、残念なことに、写真じゃー伝わらないですね~この石目の素晴らしさ(笑)

庵治石も石目の細かいものから荒いものまでございます。


この左上を拡大すると


じーっと見てると、なーんだか吸い込まれそうになります。不思議な感じです。

黒い斑点が細かく、流れるように見える黒雲母(くろうんも)が綺麗なほど、高価になりますびっくり

庵治石はお墓に使われる石で一番高いですびっくり日本車でいうと、レクサスと言った所でしょうか?

なぜ高いのかというと、石質が良いというのもありますが、

一番の理由は、歴史が古い!

平安時代から貴重な石として扱われていたとされています。

歴史的建造物から、最近では首相官邸にも使われております。

古くから使われている美しい石を安く売って、はい終了~って訳には行かないですからねアセアセ

言わば、日本で長い年月を掛けて出来上がった、石のダイヤモンドみたいなものです。

・・・あ、ダイヤモンドも石ですね(笑)

庵治石は当社で建墓されましたお客様もいらっしゃいますニコニコ私はまだいませんが、やはりこだわりがあるそうですおねがいわかる人にはわかるんですねキラキラ

うまく説明できませんが、ホンダ車が好きな私、井福を使って説明すると、

「エンジンかけるときの、このセルモーターの音がいいんだよ!」

っていう感じのニュアンスです(笑)

わかる人にはわかるっ!(笑)

ちなみに、関東の銘石といえば、


本小松!

本小松のご紹介は・・・また後程ニコニコ

この仕事して思いますが、今のお墓の石は中国やインド、アフリカがメインですが、

いろんな実験見ると、国産に勝るものは無いとつくづく思います。

あ、またくしゃみが・・・

ペップシッッッ!

糖尿病に気をつけましょう。

以上、井福でしたニコニコ

お墓のこと、墓石クリーニング、セラミックコーティングのご相談は篠田石材までhttps://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char3/004.png
埼玉県三郷市番匠免1-74
篠田石材工業
0120-14-4135
篠田石材のホームページはこちらをクリック

—–

お問い合わせ・資料請求

埼玉県三郷市/吉川市/八潮市、葛飾区などの都内近郊で
墓石のご購入を検討されている方は、
篠田石材工業までお気軽にご相談ください。