MENU

記念碑

記念碑
三郷インター記念碑完成まで(彫刻編)

7月入りました!2016年も後半戦です拍手

関東は期待したほど恵みの雨は降らないですね・・・

こんにちわ、井福ですニコニコ

29日に三郷インターA地区の記念碑の除幕式がありまして、脇役というかカメラマンで私も参加しました。

その記念碑が完成するまでと除幕式の様子を断片的にお伝えしていきますニコニコ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まずは彫刻前に原稿をつくり、その原稿のままでゴムシートを作成します。(その部分は写真撮ってませんアセアセ


↑出来上がったゴムシートを貼ります。ちなみにこのゴムシート、3人ががりで貼りました。少しのズレも許されません。


↑貼り終わったら、今度は文字の彫る部分をカッターを使って切り抜いていきます。
区画整理する際にご協力いただいた地権者の方々などのお名前が彫ってあります。

1000文字以上の字を切り抜いていきます。漢字の細かい部分など切り抜き忘れて彫刻してしまうと、大変なことになりますガーン気が滅入る作業ですもやもや


もう一つ、三郷市の区画整理に携わった経緯などの説明も彫刻します。これまた滅入る作業ですもやもや


↑記念碑のタイトルもあります。薬品を使ってゴムシートに転写します。

大きい字や深く彫る場合は、ゴムシートも厚くなり、転写したあとは彫刻師の原田さんの手作業でカットしていきますタラー当然、1日では終わりません。しかもズレたらやり直しですゲッソリ

彫る部分のゴムシートカットが終わったら、いよいよ彫刻です。


↑こちらのサンドブラスターに入れて彫っていきます。扉を開けると


意外とシンプルですびっくり


このガンから小さな粒子が勢いよく出てきて、石を削っていきます。ゴムシートは粒子が当たっても削れないので、切り抜いた所だけが削れていくわけですニコニコ

この中に入れてしばらくすると、

ゴムシートをはがしていくと


なかなか簡単には剥がれません


出来上がりです。

これらの彫刻し終わったのを今度は大きな記念碑にくっつけていきます。

区画整理が計画されて18年の間、地権者の方々のご理解があり、三郷市も大きく生まれ変わりました。

一部写真に加工施してありますが、何十年、何百年と守ってきた大事な大事な土地を、三郷市の為に売却してくださった方々に対する記念碑ですニコニコ
記念碑、お盆前の墓石クリーニング、コーティング、花立て工事や仏具のご相談は下記まで
埼玉県三郷市番匠免1-74
篠田石材工業
0120-14-4135
篠田石材のホームページはこちらをクリック—–

お問い合わせ・資料請求

埼玉県三郷市/吉川市/八潮市、葛飾区などの都内近郊で
墓石のご購入を検討されている方は、
篠田石材工業までお気軽にご相談ください。