MENU

仏教について

六道(ろくどう)と仏の世界

おはようございます!井福ですラブ

8月に入ってから建墓されたお客様から、お盆は何をすればいいか、何を用意しないといけないのか?というお電話が多くなりましたニコニコ

昔はお寺様にご相談していたものが・・・

今は霊園でお墓を建てて、菩提寺を持たない施主様もいらっしゃいますので、御住職の代わりに石材店がご相談にのる、という時代になってきたのでしょうかキョロキョロ

私共ももちろんご不明な点はご説明いたしますニコニコ

ただ、100%こうですよ!とは言えません。宗旨宗派、お寺様によってやり方が違うって場合もあるんですびっくり

なので、きちんとご先祖様をご供養したいというのであれば、ご相談できる御住職がいると安心かなと思いますニコニコ

前置き長くなりましたが、今月はお盆も近くなってきたので、仏事を中心にアップしていきますニコニコ所々私のさりげないギャグも取り入れて・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人は死ぬと、あの世に行くと言います。

あの世とは大きく分けて2つ。

仏の世界(浄土)と六道(ろくどう、りくどう)と言われています。

仏の世界は心が善であると認められた人、または六道で修行をした人が仏の浄土に行けるとされます。

実際に私達のいる世界(人間界、人間道)も六道の一つなんですねびっくり

六道輪廻ともいいます。

・天道・・・人間よりも優れ、長生きでき、苦しみの少ない世界。

・人間道・・・我々のいる世界。悩み、苦しみだけでなく、喜び、楽しみのある世界。

・修羅道・・・阿修羅(あしゅら)の世界。戦いや争いが絶えず、常に苦しみや怒りばかりの世界。


(画像はお借りしています)
ちなみに、喧嘩や言い争いが起こることを「修羅場となる」といいますが、このことからきています照れ

・畜生道・・・虫、草、馬や牛など、本能のみで生きる世界。仏の教えを得ることができず、救われない世界である。

よく悔しいときや相手に苛立った時に「根畜生」「チキショー」って言葉を発しますが、この畜生からきており、本能だけで情を持たない人などに使われます。(お前なんて人間じゃねー!的な)

・餓鬼道・・・餓鬼の世界。地獄の一歩手前で決して満たされることの無い世界。食べ物や水を口に近づけると火に変わり、常に飢えと渇きで苦しみます。

自己中心で他人を助けなかった人、傲慢な人、自分だけ贅沢した人などはこの餓鬼道に落とされると言われます。

・地獄道・・・一番最下層の世界。生き物を殺したりした罪人などに罪を償わせる世界。痛みや苦しみしかない。一度地獄に落ちると餓鬼道にすら行くことも難しいとされ、永遠に苦しまなければいけない。

この六道で修行して、善の心を手に入れたものが、仏の世界にいけるのです。

8月になるとお寺では施餓鬼供養を行います。この施餓鬼供養については、詳しくは次回でニコニコ

ちなみに浄土真宗では、死ぬとすぐ仏様の世界(極楽浄土)に行くと教えられてるため、六道の概念はありません。

今日は六道について、簡単に説明しましたニコニコ

また明日会いましょう、サイナラ、サイナラ、、、サイナラっパー

井福でしたニコニコ

記念碑、お盆前の墓石クリーニング、コーティング、花立て工事や仏具のご相談は下記まで
埼玉県三郷市番匠免1-74
篠田石材工業
0120-14-4135
篠田石材のホームページはこちらをクリック—–

お問い合わせ・資料請求

埼玉県三郷市/吉川市/八潮市、葛飾区などの都内近郊で
墓石のご購入を検討されている方は、
篠田石材工業までお気軽にご相談ください。